【グアム】アドベンチャーリバークルーズの観光は絶対オススメ!

【観光地】

グアムで海遊び以外の観光がしたい、という方に「アドベンチャーリバークルーズ」をオススメします。

名前からして、少しワクワクするような感じですよね。

海とは違うグアムの一面が見れるツアーとなっています。

ハンちゃん
ハンちゃん

探検心そそられる名前だけど、つまり川下りってこと?

イルカくん
イルカくん

大きなボートに乗って、穏やかな川を渡るんだ

ハンちゃん
ハンちゃん

あ、ラフティングみたいな激しいやつじゃないんだ!!

イルカくん
イルカくん

ぜんぜん、屋根付きの大型ボートだから1歳の子供でも大丈夫

写真が多めになってるので、目次で気になるところにサクッと行ってくださいね。

【この記事でわかること】

・クルーズの雰囲気

・料金・スケジュール・服装

・予約方法

スポンサーリンク

 【グアム】アドベンチャーリバークルーズとは!?

グアム島の南の方に、タロフォフォ川というところがあります。

海の入り江近くから、大きく安定したボートに乗って川を上りながら散策するツアーです。

 

✅ツアーの前半:ボートに座りながら川から景色などを楽しむ(約40分~50分)

✅ツアーの後半:古代チャモロ村を歩いて散策(約1時間)

 

1歳9か月の子供も、ボートやジャングルの興味深々。

おやつを食べながら、ピクニック気分です。

 

スポンサーリンク

川下りのボート

所要時間:40~50分

30人ぐらいが乗れそうなボートで、屋根もついてるので急な雨でも大丈夫です。

スタッフは船長さんと、日本語を喋れる現地の人の2人で、いろいろと説明しながらゆっくり進んでいきます。

中国語や英語のグループは別の船に乗ってました。

途中、パンをくれるので魚に餌をあげたりさせてくれます。

子供が喜びますね。

タイミング良ければ、ヤシガニや大きなトカゲなども見ることができるでしょう。

野生動物の足跡などもあり、大自然が感じれます。

たまに、カヌーを漕いで遊んでる人達もいます。

スポンサーリンク

古代チャモロ村遺跡

所要時間:1時間

古代チャモロ村の遺跡と言いつつも、集落跡があるわけではありません。

大昔の住居は高床式で、その土台となった巨石が数個残っています。

ここで、当時の恰好をした人と記念撮影ができます。

この巨岩がラッテストーンと言って、高床の土台となっています。

この上に藁ぶきの家が建ってました。

広々としたところで、ゆっくりと散策ができます。

気を付けたいのがカエル。

毒を持ってるのもいるので、子供が触らないようにしてくださいね。

グアムの植物

広場の周りには、色の濃い様々な花が咲いています。

南国を代表する赤いハイビスカスです。

花言葉は「勇敢」

ブラジル原産のアラマンダカップ。

花言葉は「恋に落ちる前」

青パパイヤはサラダとして食べます。

シャキシャキとした歯ごたえが特徴。

花言葉は「燃える思い」

スイートサップ/シュガーアップル

「バンレイシ」「釈迦頭」とも言います。

パイナップルとバナナを合わせたほのかな甘みと例えられます。

小さいバナナです。

熟すとねっとりと甘くておいしいです。

火起こしのパフォーマンス

住居跡から、少し足場の悪い崖下を進みます。

小屋があるので、そこで一休憩。

水と甘いレモンティーが飲めます。

ここでは火起こしのショーが始まります。

現地の人が軽い冗談を言いながら、ハイビスカスの木を使って準備をしていきます。

お喋りしながらだけど、たぶん1分もあれば簡単に火がつくんじゃないかな。

2014年、2017年に行ったときは、お客さんも火起こしをさせてくれたんですが、今回は火起こし体験はありませんでした。

(火起こしの人のお姉さんは、仙台に住んでるそうで2019年11月に遊びに行ったみたいです笑)

ヤシの葉で作った、民芸品などももらえます。

グアムの動物とカラバオ

休憩や火起こしショーで30分ほど過ぎた後、また少し緩やかな道を歩きます。

木陰になってるので、気持ちいいですね。

その先にはゲージに入れられた動物がいます。

黒いヤギと白いヤギ

ツバをかけられないように少し離れた方がいいかな。

野生のブタ。

オオトカゲもいます。

メインは水牛です。

グアムの言葉で「カラバオ」

この水牛に乗って写真も撮らせてくれます。

チップはお気持ちでね。

ツアー終了後

ツアー終了後には、お店でちょっとしたかき氷がもらえます。

お土産も売ってます。

スポンサーリンク

アドベンチャーリバークルーズの料金・スケジュール・服装・持ち物

アドベンチャーリバークルーズは午前と午後の2つに分かれています。

✅午前:所要時間(送迎含む): 4.5 ~ 5.5時間

✅午後:所要時間(送迎含む): 4 ~ 5時間

料金表

大人(12才以上) 子供(5〜11才) 幼児(4才以下)
午前の部(ランチ付き) $95 $65 無料
午後の部(ランチなし) $75 $55 無料

※以前より値上がりしています。

 

アドベンチャーリバークルーズの予約はベルトラから! 

 

現地在住者は別レートがありますので、公式ウェブサイトを参考にしてください

Valley of the Latte Adventure Park(英語サイト)

スケジュール

【午前の部】

  • 07:30-08:15 ホテルお迎え
  • 09:40 リバークルーズ出発地点に到着
  • 10:10 タロフォフォ川リバークルーズ 出発
  • 上陸/古代チャモロ人たちの村落跡を散策
  • チャモロ文化を間近で体験!
  • ランチタイム
    BBQ(スペアリブ、チキン)、レッドライス、サラダ、デザート、アイスティー
  • 12:30-13:00 ホテルお送り 

 

【午後の部】

  • 12:55-13:45 ホテルお迎え
  • 14:00 リバークルーズ出発地点に到着
  • 14:30 タロフォフォ川リバークルーズ 出発
  • 上陸/古代チャモロ人たちの村落跡を散策
  • チャモロ文化を間近で体験!
  • 17:20-17:50 ホテルお送り 

服装・持ち物

天気がいいと暑いので、日よけ対策は必須です。

ところどころ水たまりがあったりするので、靴推奨です。

サンダルで行けないこともないですが、少し滑りやすい場所もあります。

蚊います。

スニーカー
帽子
サングラス
虫よけ
半袖
半ズボン
サンダル
日焼け止め
おやつ

 

ボートの乗り心地もいいので、ラフな格好で大丈夫です。

小さな子供でも参加できるので、とても楽なツアーです。

スポンサーリンク

アドベンチャーリバークルーズの予約方法

グアム滞在中でも、公式ウェブサイトから予約できますが、料金は変わりません

であれば、あらかじめ日本からオプショナルツアーを申し込んでおいた方が楽です

 

こちらのウェブサイトは、現地ツアーに特化してるので口コミも豊富です。

アドベンチャーリバークルーズの予約はベルトラから!

ベストプライスで提供してくれるので、他に安いサイトがあったら申請できます。

 

グアムは「海」というイメージがありますが、実は大半はジャングルなどの森や山に覆われています。

その一部に触れるだけでも、ちょっと違うグアム旅行になるのではないでしょうか。

 

ぴーとも
ぴーとも

ぜひ楽しんできてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
👆いつもクリックありがとうございます

 

コメント