グアムに住んでる人達はどんな仕事をしてるの?業種や方法の解説!

雑記

グアム旅行をしてみると、のんびりした雰囲気ときれいな海に癒されます。

海外で仕事をしたい・住んでみたいという人は多いですが、実行できる人は少ないです。

 

理由は「ビザ」「文化」「環境」などいろいろあります。

それでもグアムに住んでいる人達は、どうやってきたんでしょうか?

 

この記事では、海外で働いてみたいという方に向けて、

グアムに住んでる日本人は、どういう仕事をしてるか解説していきます。

【この記事でわかること】

・グアムに住んでる日本人はどんな人か

・アメリカで働くために必要な条件

・どうすれば海外で働けるか

スポンサーリンク

グアムに住んでる日本人はどんな人か!?

グアムに住んでる日本人は、数千人いると言われています。

その人たちのほとんどのステータスは下記です。

・「駐在員」
・「インターン・現地就職」
・「国際結婚」

 

駐在員

グアムに駐在として来る人はけっこういます。

他の国や、アメリカ本土より、グアムの駐在員のハードルは低いです。

駐在員と聞くと、エリートのイメージがありますが、グアムではエリートは少ないです。(駐在員の方、ごめんなさい)

実際に、僕も駐在員として来ましたが、学歴も職歴も大したことありません。

 

なぜエリートじゃないかというと、グアムの駐在員のほとんどがサービス業だからです。

一部サービス業以外の人は、とても優秀な方もいます。

しかし、他の産業と比べて、サービス業は給料が低い代わりに、海外で働くチャンスも掴みやすいです。

給料が低くても、海外で働きたいという熱意のある方は、駐在としてグアムに来るチャンスはあります。

 

インターン・現地就職

若い方であれば、駐在員よりも仕事を見つけやすいのが、インターン・現地就職です。

この場合の現地就職とは、日本の会社から来るけど、雇用契約は現地法人という意味です。

 

グアムは観光産業がメインなので、旅行会社やホテルが多いです。

日本人観光客を相手にするには、日本語をしゃべれる人が必要ですが、グアム在住の日本人だけでは足りません。

ですので、インターン・現地就職として、日本からビザを取って送り込む必要があります。

 

この場合、最低賃金となりますが、宿泊先を無料で提供してくれたり、光熱費も無料のところもあります。

そこでの実績があれば、日本に戻っても同じ会社で働けますし、次回は駐在員として出向できる可能性もあります。

 

国際結婚

国際結婚をして、永住権を取ってグアムに住んでる人は多いです

そして、グアムにはそういうチャンスが多いです。

なぜならナンパ大国だから!

 

現地の人でも「ナンパ」という日本語た伝わる人もいるぐらい、毎日誰かしらナンパしています。

日本人の男性観光客も、ローカルの男性も。

「グアム」「ビーチ」「開放的」と3拍子そろえば、成功率も上がりますね。

そのままうまくゴールインした人達が、永住権を取ってグアムに住んでいます。

 

僕の知り合いでもかなりの日本人女性が、ナンパがきっかけで結婚したという人がいます。

スポンサーリンク

グアムで日本人が働いている会社

グアムでは駐在員・インターン・現地就職の人達が働いてるのは、下記のような会社です。

 

旅行会社

大手旅行代理店の支店がたくさんあります。

各ホテルにツアーデスクもあったりして、たくさんの日本人が働いています。

 

アクティビティ会社

現地でアクティビティーを主催する日本の会社です。

こういうところは、旅行代理店よりは規模が小さいですが、人手は足りていません。

 

ウェディング会社

リゾート婚をするために、日本からのカップルのお世話をします。

現地でのアテンド、カメラマン、ヘアメイクなど、日本人じゃないとダメな場合も多いので、よく募集しています。

 

ホテル

日系企業がオーナーのホテルがたくさんあります。

フロントに日本語を喋れるスタッフが欲しいので、インターンを募集していることが多いです。

 

レストラン

日本食レストランのシェフとして働いてる人もいます。

ホテルの日本食レストランは、ホテル採用ですが、

個人の日本食レストランは、日本人オーナーがいて、シェフを採用しています。

料理経験のある人は、応募できるチャンスです。

 

ショップ店員

Tギャラリアなどで働いてるショップ店員は、ローカルとして住んでる日本人の現地採用です。

日本から出向として来る人は、ほぼいません。

 

不動産・建築

サービス業以外では、不動産・建築関連の方もいます。

グアム政府から、大きな案件を受注したりするので、大手の会社です。

本社の海外事業部などから、派遣されてくる駐在員となるので、

インターンはありません。

 

インフラ関連

通信・発電所関連の会社の人達が、日本から出向してきます。

これも、知識や経験がある人で、マネージャーポジションとして子会社の重要なポジションに就きます。

 

弁護士・会計士

日本の会社も多いので、日本から駐在として出向してくる方がいます。

日本にいても優秀な人達なので、グアムに来る人はリゾート大好きなのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

グアム・アメリカ本土で働くのに必要な条件は!?

グアムにいる人は「駐在員」「インターン・現地就職」「国際結婚」の人達が多いことがわかりました。

この人達がグアムで働くことができるのは、労働ビザがあるからです。

この労働ビザが、発行されるかどうかで、グアム・アメリカ本土で働けるかが決まります。

 

このビザはどうやったら発行されるのか?

それは大まかに3つあります。

・会社がサポート
・結婚
・自力で取得

 

会社がサポート

「駐在員」「インターン・現地採用」の場合は、会社が費用をサポートしてくれます。

必要書類を提出してから、日本の大使館で面談をします。

しかし、経験があるからといって、必ずビザが発行されるわけではありません。

全て大使館判断となり、運悪くビザが発行されないケースもあります。

 

結婚

国際結婚の場合は簡単です。

偽装でない限り、必ずといっていいほど永住権が取れます。

僕の友達は最短で3か月で取れました。

弁護士を通すとお金もかかるので、自分でやる人もいます。

 

自力で取得

一番難しいです。

自営業として、投資家ビザというのがあります。

なにかの事業を立ち上げるので、数千万円の資金が必要です。

富裕層向けですね。

スポンサーリンク

グアムで働くためには今の仕事を捨てられる!?

海外で働くためには、まずビザが最重要です。

 

今してる仕事でビザが取れそうか?

働きたい国に、その仕事の需要はあるか?

 

何が何でも海外で働きたいと思ってる人は、よりビザを取りやすい仕事を探すのが近道です。

そのためには、今の仕事を辞める勇気も必要かもしれません。

 

・普通の事務仕事の人で、グアムの駐在は少ないです。

・営業職で、グアムの駐在はありません。

・技術系での駐在はあるかもしれません。

 

それよりも、サービス業として現場に入れる人の方が、ビザ取得しやすいです。

そして、受け入れ口が多い会社「旅行代理店」「ホテル」「ウェディング」の仕事は見つけやすいでしょう。

スポンサーリンク

グアムやリゾートで働きたいならこれがオススメ!

グアムのようなリゾートで働きたいし、住みたいというのであれば、僕の一押しはヘアメイクです。

今すぐ海外で働きたいという人には向きませんが、数年以内に住みたいのであれば、オススメです。

 

理由は2つ

・リゾート婚の需要がある
・給料が比較的良い

デメリットもあります

・美容免許を取る必要がある
・学校に通う必要がある

 

海外ウェディングがある限り、ヘアメイクはグアム・ハワイ・バリ・モルディブなどの人気リゾートで常に募集しています。

加えて、髪を切ることができれば、シンガポール・バンコクなどのアジアや、アメリカ本土で働ける可能性もあります。

そして、ホテルなどのインターンに比べて、給料が良いです。

海外ではチップももらえたりしますので、学校に通う費用などは自分への投資と思えば、必ず回収できます。

女性に有利かもしれませんが、男性でも髪が切れればウェディング以外で働けます。

スポンサーリンク

【まとめ】グアムは仕事を探しやすい

日本から近いこともあり、グアムはたくさんの観光客がきます。

その人達を迎えるためにも、観光業はスタッフが必要です。

ビザの問題はありますが「旅行会社」「ホテル」「ウェディング」の会社は規模も大きく、ビザを申請しやすいです。

 

海外で働きたいのであれば、「自分がしてる仕事の延長で駐在員として出向」

それが難しいのであれば、ビザをとりやすい業種や職種に転職するのもアリですよ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
👆いつもクリックありがとうございます

 

 

 

 

 

コメント