【7/4独立記念日】グアムでお祝いしよう

【基本情報】

7/4はアメリカ合衆国にとって特別な独立記念日です。映画やドラマでもこの日を題材にしたものはあるほど大切な日なんですね。この時期に来る方は『Happy Independence Day!!』と言ってお祝いしてみましょう。

まずは独立記念日が何か、そしてグアムはどうなるかをご紹介します。少しだけアメリカの歴史の勉強と豆知識を覚えると、旅行がぐっと楽しくなります。

スポンサーリンク

【独立記念日】とは

まずはアメリカ独立記念日とは読んで字のごとく独立した日です。

ぴーとも
ぴーとも

何から独立したの?

ジャージちゃん
ジャージちゃん

イギリスからだよ。昔は植民地だったの。

そう、今じゃ世界最強と言われるアメリカは1770年台までイギリスの統治下にあったのです。当時のイギリスの課税の強化に反発して、アメリカが独立するためにしかけたんですね。

(今の我々も消費税が10%になるから日本政府から独立だ~~!!!)小声

などという過激な思想はぴーともは持っておりません(゚∇゚ ;)エッ!?

この時にアメリカ軍を率いたのが有名なジョージ・ワシントンです。アメリカの初代大統領です。そしてこの戦争に勝利し、独立を宣言したのが7月4日というわけです。

ちなみにグアム特有の祝日としては7/22に「Liberation day」というのがあります。これは開放記念日というもので、何から開放されてかというと日本からです。ちょっと複雑ですね。。。。

さて、独立記念日は個人的にアメリカの3大祝日だと思っています。独立記念日、サンクスギビング、クリスマス。これらの日が近づくにつれて少々お祭り気分になってきます。アメリカは祝日が少なくて、アメリカ連邦政府定める祝日は10日しかないのでアメリカ全土でお祝いモードなんです。

スポンサーリンク

【グアムでの過ごし方】

ではこんなめでたい日に何をするのか。日本って祝日を祝うためにこれをするってお正月を除いて特にない気がしますね。でもアメリカだとその休みを祝う何かをすることが多いです。例えばクリスマスにミサに行ったり、サンクスギビングはターキーを食べたり。

では独立記念日は??

ぴーとも
ぴーとも

BBQだーーーー!!!肉モッテコーイ!!

となるわけです。

グアムも例外ではなくそこかしこでBBQが行われます。家の庭だったりビーチだったり。

ビーチは普通の土日でもけっこうBBQやってるローカルの人たちがいます。大きなテント張って友達や家族を呼んで音楽かけながら楽しそうにやってます。けっこう気さくな人たちが多いので、ツツツーと近寄って何してるのってい聞いてみたら、きっとお肉くれますよ。

タモン地区からは少し離れますが、16時~はアガニアでオートモービルのショーなどもやるので見に行くのも面白いかもしれませんね。日本でなかなか見ることのできない大型トラックとかもあります。

スポンサーリンク

【花火大会】

実はアメリカでは多くの州で花火が禁止されています。

その理由は

☆銃声と間違えるから
☆山火事が起こるから
☆爆弾を作れる

などです。

まあ、そうですよね。銃社会の国なので日本みたいにぽんぽん花火上げてたら、ずっとしゃがんでるかほふく前進してるかになっちゃいますね(笑)。なのでこの時期が貴重な花火を見る機会となるのです。

グアムでも花火があがります。はっきり言って日本の花火に比べると見劣りします。打上数も少なく短いので、もう終わり・・・・?ってなります。それでもグアムに住んでる人にとっては年に1度の花火ですので楽しみにしてる方もいます。観光で来られる方は花火みれてラッキーぐらいに思っておくとちょうどいいかもしれません。

この花火はグアムのアガニアで打ち上げられます。タモン地区からでも場所によっては見ることできますが、少し小さめですね。

☆サンタフェレストラン
☆オンワードホテル
☆シェラトンホテル

タモンエリアからはこの3箇所からなら見やすいと思います。時間は21:00予定となっていて少し遅いのですが、ビールを飲みながらゆったりと待ってみましょう。

スポンサーリンク

【まとめ】

簡単にですがグアムでの独立記念日いうのをご紹介しました。規模は小さいですが、アメリカにとってとても大切な日です。その大切な日にグアムに訪れて一緒にお祝いをする。これもいい記念の一つになります。是非この時期に来られる方は

『Happy Independence day!!!』

と言ってあげるとローカルの人たちも喜びますよ。

にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
👆いつもクリックありがとうございます

 

コメント