【グアムの観光スポット5選】短い旅程でもここだけ行けば大丈夫!

【観光地】

旅行行くときに観光地を調べると~10選とか~20選って出るんですけど、それって逆に情報量多すぎじゃないですか?グアム旅行に来る方はほとんど2泊3日か3泊4日なので10選もいりません。むしろ行かなくてもいいです。海、ショッピング、ホテルでゆっくり、この後ぐらいに観光ぐらいがグアムではちょうどいいかもしれません。そこでこの記事では紹介するのは5つだけ、それでも旅程に余裕があればという方におすすめします。

スポンサーリンク

【恋人岬】ロマンチックな名前の裏に悲しい伝説


どのガイドブック、ネットにも出てくる超有名観光スポット。
オススメ理由はいつでも行けて景色が抜群に良いから

〈ポイント!〉
☆断崖絶壁にそそり立つ
☆展望台から海と街が一望
☆海の透明度が高すぎて、高所からでも透けて見える
☆天気が良ければ最高のサンセット
☆超開放的

〈悲恋伝説〉
絶景を望めるこの地は、昔々にチャモロ人の美しい娘が父親の決めたスペイン人将校と無理やり結婚させられそうになったので、チャモロ人の恋人と永遠の愛を誓いながら崖下へ飛び込んだという伝説。

〈カップルが結ばれる〉
その伝説のため、この地を訪れるカップルには幸せが訪れるという話。
ハートロックウオールで愛を誓う鍵をかけるのも人気。

友達同士で行って絶景を楽しんでもいいですし、併設のレストランにはおいしい料理やドリンクがあるので、海や空を眺めながらカクテルを飲んで時間を過ごすのがおすすめです。それほど混んでないのでけっこう景色を独り占めできますよ。

ご飯を食べるなら90分ぐらい、食べなければ60分ぐらいあれば充分満喫できます。(移動時間とは別でね)

場所:タモン湾の北。バスが30~40分間隔で運行
料金:展望台の入場料$3
   往復乗車券+展望台$10 ($1お得)
営業時間:7:00~19:00
ウエブサイト:http://puntandosamantes.jp/(日本語)
行き方:赤いシャトルバス

〈行き〉
Tギャラリア
  ↓ (約3分)
JPスーパーストア
  ↓ (15分)
マイクロネシアモール
  ↓ (10分)
恋人岬

〈帰り〉
恋人岬
  ↓ (20分)
Tギャラリア

バスの時刻表と地図↓
https://www.konchaweb.com/wordpress/wp-content/themes/TMP-KONCHA/img/img/bus-gum-llttime201904-2.pdf

スポンサーリンク

【デデドの朝市】その土地を知りたいなら市場から


土日限定で朝6時~9時にデデドという街で行われています。
オススメ理由は土日限定でローカルを感じれる場所だから

〈出店〉

☆屋台のB級グルメ
☆グアムで育てられた野菜や果物の販売
☆洋服屋
☆雑貨屋
☆魚屋

など

朝早いのでほとんどの方はここで朝ごはんを食べますね。ローカルフードがたくさんあって何を食べればいいかわからないと思います。
ここでは私が食べて美味しかったものを紹介します。

・アロスカルド

フィリピンのおかゆです。
揚げたタマネギ+にんにく+鶏肉 = しっかり味がついてうまい

・タホ

デザート的な感じです
温かい豆腐+タピオカ+黒蜜 = 甘く柔らかくもっちりしてうまい

・バナナルンピア

バナナの揚げ春巻き
バナナ+揚げる = 甘みがましてうまい

洋服や雑貨もたくさん売っています。中にはがらくたや盗品まで・・・?

女性に人気のムームーと言われるワンピースも$10以内で買えたりします。他にもTシャツや民芸品も売っているのでちょこちょこっとしたお土産にいいですね。また、朝釣ってきたらしき魚や庭で採ったような野菜もたくさんあるので地元の人がどういう物を食べてるのか知るいいチャンスです。

場所:デデド バスが1日2便 各ホテル前出発6:00~
料金:入場料$0
   駐車場$0(要求してくる輩がいたら一応渡しておくと安心。本当は無料)
営業時間:6:00~9:00 完全に外なので暑さ対策必要
行き方:赤いシャトルバス 又は タクシー

〈行き〉
各ホテル
  ↓ (約20分~1時間)出発ホテルによりけり
デデド朝市

〈帰り〉
デデド朝市
  ↓ (約20分~1時間)
各ホテル

ご飯を食べるなら60分ぐらい、食べなければ45分ぐらいあれば充分満喫できます。 

スポンサーリンク

【チャモロビレッジ】水曜限定のナイトマーケット


先住民族チャモロの村を意味する建物で行われる夜市。
オススメ理由は水曜限定でお祭りが楽しめるから

〈出店〉

☆屋台のB級グルメ
☆洋服屋
☆民芸品屋
☆ダンス

夕暮れ頃からアガニアの道路が混み始め多くの観光客やローカルで賑わいます。お目当ては出店のB級グルメ。朝市とは違って夕食になるのでボリューミーなものが多くなってきます。時間がたつにつれて行列ができます。回転は早いので10分以内で買えると思います。

ここでも私が美味しかったもの(美味しくなかったもの)を紹介します。

・タピオカ餅

タピオカで作られたもっちりしたものをバナナの葉でくるんでいます。
甘くて美味しいです。

・BBQプレート

自分で好きな具材を選びます。ポークやチキンや焼きそばなどお好みにアレンジ

・ココナッツジュース

ナタで豪快にココナッツを割って飲みます。はっきり言って美味しくないです。

・たこ焼き

なぜだかグアムでもたこ焼きは大人気。特にナイトマーケットではローカルも並んで早めに売り切れたりします。サイズは小さめです。

チャモロビレッジの私の一番のオススメ料理は『アス スモークハウス』です。名前の通りスモークされたお肉たとても美味しいです。

ここでも可愛らいい花柄ワンピースやアクセサリーを買うことができます。
街中にはあまり民芸品が売ってないので、お土産を買うならこういう市場ですね。

ビレッジの中心にひときわ大きなホールがあるのですが、そこで地元の人達がダンスをしています。勇気のある方は飛び込んでみてください。みなさん優しく教えてくれます。ちなみにこういうダンスはパーティーが開かれると必ず音楽が流れ、決まったステップで踊りだすので一度覚えると他のパーティーでも使えますよ(゚∀゚)アヒャヒャ

場所:アガニア 
料金:入場料$0
   駐車場$0
営業時間:17:00~21:00位? 
行き方:赤いシャトルバス 又は タクシー

〈行き〉
Tギャラリア発 18:00~ 20分間隔で直通
グアムプレミアムアウトレット発 18:00~ 20分間隔で直通

〈帰り〉
チャモロビレッジ
  ↓ (約20分)
グアムプレミアムアウトレット
  ↓ (約10分)
Tギャラリア

ご飯を食べるなら90分ぐらい、食べなければ60分ぐらいあれば充分満喫できます。

スポンサーリンク

【ジャングルリバークルーズ】ボートで探検、古代の村へ


こちらはツアーでの申込みになると思いますが、南のタロフォフォという場所に川があって、そこで大型のボートで川を渡る半日ツアーとなります。

オススメ理由はジャングルを味わえ冒険気分になるからです

〈ポイント!〉
☆南部までの移動で普段行けない場所を車窓から眺められる
☆ボートに乗るのが楽しい
☆昔のチャモロ人の生活の跡がみれる
☆ガイドがちょっとおもしろい

何度も言いますが、ジャングルの中をボートで渡って古代の村へ行くって冒険感覚

おら、わくわくすっぞ

わかる人、同世代ですね笑

険しい道を歩くわけでもないので全然疲れませんのでご安心を。村では少し歩くのでスニーカーがいいです。雨降ったあとだとぬかるみがち。船員さんがココナッツの葉っぱでうちわや帽子を作ってくれたり、火起こし体験ができるのも楽しいです。以外に難しいんですよね。

日本でほぼ語られることのない、戦争以外のグアムの歴史を知る素晴らしい体験型のツアーだと思いますよ。

場所:タロフォフォ 
料金:大人$95
   子供$55
   4歳までは無料

午前ツアー:7:25~12:30 
午後ツアー:12:55~17:20
(ホテルにより送迎の時間が変わります。)

・水・アイスティーはついてきます
・日焼け対策や虫よけは準備したほうがいいです
・お散歩気分で行けます。でもスニーカー必要です。

小学生ぐらいの子がいれば文化体験するにはおすすめです。

スポンサーリンク

【ブルーホール】ダイバーのみが見れる海中の絶景

グアムで一番有名なダイビングスポットです。

オススメ理由は誰もが行ける場所ではないけど、だからこそ価値があり写真や映像では伝わらない美しさがあるから

〈ポイント〉
☆ダイバー憧れの海中洞窟
☆美しい自然の光の演出
☆青の空間
☆ダイバーとしてのレベルアップ

ダイバー以外の方は興味ないかもしれませんが、せっかく透明度の高い海のグアムにいるので、シュノーケリングや体験ダイビングもおすすめします。(ブルーホールには行けませんが)

興味のない方が多いと思うのでさらっと流してもらって大丈夫です。

青の洞窟は縦穴で入り口から出口まで40m近く潜る必要があります。
洞窟の中から上を見上げると太陽の光で照らされた真っ青な海と呼吸の泡のキラキラが合わさってとても幻想的な風景を作り出します。これは実際に体験しないとわからないことなので、オススメとしています。

こちらのサイトでは現地オプショナルツアーを販売しています。
興味があればチェックしてみてください。↓
https://www.veltra.com/jp/beach_resort/guam/ctg/1514:1514/

スポンサーリンク

まとめ

最後にもう一度言います。グアムはザ・観光地というものはありません。その土地に住んでる人の風習や生活を見ることを楽しむということになります。

なのでおすすめ観光地をたくさん紹介するのではなく、ここだけ行けばオッケー☆⌒d(´∀`)ノというところだけ紹介しました。上記5つはぴーとろが何度もリピートして行ってるところです。なので皆さんにも気に入ってもらえると嬉しいです。

 

 

コメント