【ユナイテッド航空】グアム往復が格安の10,510円!?

【マイル・クレカ】

2019年11月に、グアムー成田往復してきました。

その旅費が全部で10,510円!!

これ以外にかかった費用はありません。

証拠として赤い丸枠が、支払った金額となります。

今回はこの理由と、どうすればこのように格安旅行ができるかを解説していきます。

 

【こんな人向けの記事です】

・グアムへ格安で旅行したい

・ANAマイルを持ってる人が、グアム行きの特典航空券を得る方法
・グアム旅行のためにマイルを貯めるなら、ANAとJALのどっちがいいか

スポンサーリンク

グアムに格安で行ける方法!

上の画像を見ただけで、なぜ格安で行けたか理由がわかる人もいるはず。

そう、ネタバレすると、航空会社のマイルを使いました

 

グアムに格安で行く方法としては2通りです。

・格安ツアー

・マイルと特典航空券と交換

 

この2つめの、マイルと航空券を交換するだけで、格安旅行が実現できます。

マイルを使って特典航空券をゲット!

繰り返しになりますが、今回はグアムー成田往復を10,510円で往復しました。

これより安い旅行の方法は1つしか知りません。(知ってるんかい!)

・航空会社の社員になること

これはけっこう厳しいですね。

 

ですので、マイルは本当にオススメです。

通常、格安航空券のみで5~6万円+ホテル代となると、1人10万円ぐらいになります。

しかし、航空券をマイルで取れば、ホテル代と合わせても5万円以内に抑えることもできます。

 

では、実際に支払った10,510円は何に使ったかというと、内訳は下記です。

・成田空港使用料 2130円
・燃油サーチャージ 5460円
・米国入国審査料 770円
・米国民間保安料 620円
・旅客保安料 530円
・国際観光旅客税 1000円

 

これらは航空会社に支払うものではありません。

特典航空券には含まれていないので、別途支払う必要があります。

 

本来は5~6万円する航空券を、「ANAのマイルを20000マイルを使う+10,510円を支払う

ことで、格安旅行となりました。

 

このマイル数は、航空会社や発着時間によっても変わってきます。

 

グアムへの特典航空券が交換できる航空会社は3社

日本発着の主な航空会社は2社です。

日本航空

ユナイテッド航空

「日本航空」は成田往復のみです。

「ユナイテッド航空」は、成田・関空・中部・福岡空港に毎日発着しています。

 

しかし、僕が使ったのはANAマイルです。

ANAの飛行機は、グアムに飛んでいませんが、マイルを使う方法があります。

それは、提携しているユナイテッド航空のチケットを、ANAマイルと交換する方法です

 

ANAマイルとユナイテッド航空の特典航空券を交換

ANAとユナイテッド航空は、【スターアライアンス】というグループで提携しています。

このグループ内であれば、「それぞれの航空会社のマイルを、違う航空会社の航空券と交換できる」

という便利な制度があります。

これを利用して、「ANAマイル→ユナイテッド航空のチケット」に交換できます。

時間帯によって必要なマイル数は変わりますが、

日本ーグアムは往復でエコノミークラス20,000マイル~です。

 

つまり全日空のマイルが20000あれば、あと1万円強払えばグアムまで行けるんです。

これってお得ですよね!?

スポンサーリンク

グアム行きのマイルを貯めるにはどの航空会社がいい!?

ここまで読んで頂くと、マイルってお得だな、と思ってもらえたかと思います。

そして、マイルをまだ貯めたことがないけど、興味があるという人は多いです。

でもどこの航空会社のマイルを貯めたらいいか?という疑問も出ますね。

 

目的地にもよりますが、グアム行きのマイルを貯めるには、

住んでる場所や、周辺のお店にもよります。

結論から言うと、

成田空港を使って、イオンで買い物をする人はJALのマイル
関空・中部・福岡空港を使う人はANAのマイル
理由は、下記のメリットとデメリットがあるからです。

ANAマイルのメリットとデメリット

ユナイテッド航空の無料航空券に交換できる

成田空港発は1日3便あるので、予約しやすいです。

関空・中部・福岡空港を利用の人は、ユナイテッド航空しか発着していないので、ANAマイルを貯めた方が便利です。

 

クレジットカードの買い物でマイルがたまりやすい

ANAと提携してるお店が多く、クレジットカードを使うと、ボーナスマイルが溜まりやすいです。

例えば、ANAのウェブサイトと経由して、楽天市場で買い物するとボーナスマイルがつきます。

 

20000マイルで交換できる特典航空券の時間帯が限られている

成田往復は3便あるけど、成田が夜出発、グアム早朝出発の組み合わせが、少ないマイル数の旅程となっています。

 

JALマイルのメリットとデメリット

成田往復の時間帯がとても良

成田発が午前で、グアム発が夕方なので、グアム滞在時間が長くなります。

往復20000マイルなので、一番効率がいいです。

 

イオンと提携しているので、うまく組み合わせれば還元率がANAより良くなる

JALカード+WAONを使えば、日用品や食品を買ってるだけですぐにマイルが溜まります。

 

マイルで交換できる無料航空券の席数が少ないので激戦

1日1便しか飛んでいないので、特典航空券として割り当てられてる席が、数席しかありません。

人気の日程は、すぐに席が埋まってしまいます。

スポンサーリンク

【まとめ】格安でグアムに行きたいならマイルを貯めるべき!

僕はグアムと成田往復を、年に3回ほどしています。

それは、飛行機代を格安に抑えることができるからです。

 

マイルを使うことで、往復10,510円でグアムー成田往復ができる!

 

マイルは、家庭を持ってる人ほど貯めやすく、節約にもなります。

すぐにグアム行きのマイルが貯まるわけではありませんが、コツコツと継続していれば、1年で一人分の無料航空券は簡単に貯まります。

まずは、航空会社のマイレージプログラムに入会することが第一歩。

マイレージプログラムは入会金・年会費は無料となってます。

下記の公式サイトから、気軽に申し込んでくださいね。

 

ANAマイレージクラブ会員登録ページ

JALマイレージクラブ会員登録ページ

 

さらにマイル数が貯めやすくなる方法は、クレジットカードを作ることです。

こちらは別途、解説記事を作りますので、少々お待ちください。

 

にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
👆いつもクリックありがとうございます

コメント